本文へスキップ

茨城大学農学部 地域環境科学科 地域資源計画学研究室

小林研究室 kobayashi lab.

茨城大学農学部 阿見キャンパス

研究活動2ACTIVITY2

環境省・環境研究総合推進費・採択課題,2012〜2014年度

再生可能エネルギー需給区連携による『もたせ型』分散エネルギー・システムの開発



サブテーマ3 分散型電力系統・融通システムの開発

 
 本項のサブテーマでは,セル・セル群の配電系統,電力融通手法,基幹系統との連携に関する技術工学的課題の洗い出しを行い,分散型エネルギー需給の成立に必要な電力システム,制御システムの設計・評価を行うことを目的としています。

 「もたせ型」分散エネルギー・システムとは,従来の電力系統とは異なる配電系統システムです。各セルは,それぞれの地域の特徴に適した複数の発電設備等を有し,交流で連系します。地域内の需給バランスによって変動する周波数を用いて,自律的に起動停止や出力調整を行います。この制御により,監視制御システムや通信回線のためのコストを削減することができ,同時に地域住民が電力供給の維持に積極的に参加することが可能となります。またBTB (交直変換機) を採用することで,異なる電力品質の設定を可能とします。商用系統側との連系点にBTBを設けることで,各セルで周波数品質を変えて運用できるシステム構築を目指します。

 この「もたせ型」分散エネルギー・システムにおいて,以下の3つのテーマを設定し,課題抽出・機器構成の設計・電力品質の検討を行います。

  • 1 「セル」導入に伴う配電系統システムの課題の抽出
  • 2 パワーエレクトロニクス機器の基本機能・構成の検討
  • 3 電圧変動の発生,無効電力の偏在,などの電力品質の維持方法の抽出・検討










小林研究室 (地域資源計画学研究室)

〒300-0393
茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1

TEL 029-888-8590(直通)