本文へスキップ

茨城大学農学部 地域環境科学科 地域資源計画学研究室

小林研究室 Kobayashi Lab.

茨城大学農学部 阿見キャンパス

環境研究総合推進費課題

再生可能エネルギー需給区連携による『もたせ型』分散エネルギー・システムの開発

(環境省・環境研究総合推進費・採択課題,2012〜2014年度)


目的

 分散型エネルギー・システムの基本形の一つとして、再生可能エネルギーが豊富で、エネルギー需要が比較的少ないため自立的なエネルギー需給単位が実現できると考えられると考えられる領域を対象に、供給側をすべて再生エネルギーでまかなうことを想定した需要単位(エネルギー需給区「セル」と呼び、常に供給が需要を上回るタイプ「湧出セル」と需給が均衡するタイプ「融通セル」があると仮定、「セル」としては、たとえば数10戸からなる農山村集落を想定)を構想し、「セル」およびバッファ(「調整池」)が複合連携する形態のエネルギー・システム開発を目指しています。

  そのために、具体的対象地区を選定し、再生可能エネルギーを基幹とするエネルギー需給システムと分散型電力システムを開発し、システムを運用する主体に関する考察を行って、『もたせ型』分散エネルギー・システムを技術工学的・社会経済的観点からデザインすることを、この研究の目的としています。

研究構想のフレーム



体制


成果

研究には、山梨県都留市と静岡県伊豆市にご協力をいただいております。

  • 2013年農村計画学会誌32巻論文特集号
    電気の供給停止(停電)に対する受容と属性・省エネ行動との関係
    〜自然エネルギー導入を前提とした電力品質の許容水準〜

小林研究室 (地域資源計画学研究室)

〒300-0393
茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1

TEL 029-888-8590(直通)